パニック障害ってどんな病気?

パニック障害とは、予期しないパニック発作が繰り返し起こっており、1か月以上にわたりパニック発作について心配したり、行動を変えているという特徴を持つ不安障害に分類される精神障害です。

そしてパニック発作が繰り返されるうちに、発作に襲われることに対する予期不安や発作が生じる状況に対する広場恐怖を感じるようになり、毎日の生活に支障をきたすようになってしまいます。治療が不十分で病気が進行してしまうと、うつ病やうつ状態になるおそれもあります。

では、パニック発作している時どんな症状を現れますか?

心臓がドキドキする

汗をかく

身体や手足の震え

呼吸が早くなる、息苦しい

息が詰まる

胸の痛みまたは不快感

吐き気、腹部のいやな感じ

めまい、頭が軽くなる、ふらつき

非現実感、自分が自分でない感じ

常軌を逸する、狂うという心配

死ぬのではないかと恐れる

しびれやうずき感

寒気または、ほてり

ここにあげた症状は常にある症状は激しい不安感です。この不安はどうしようもできない、いてもたってもおられない、身の置きところがない、走りだしたくなる、大声で叫びたいといったように表現されます。身体症状による二次的な不安もあります。

パニック障害の原因はまだよくわかっていませんが、心理的な原因、過労、睡眠不足、かぜなどの身体的な悪条件や、日常生活上のストレスなど、非特異的な要因も、発症や発作の誘因(引き金、きっかけ)になることが知られています。

パニック発作は薬物でほとんど治りますが、予期不安や広場恐怖はその後も長く続くことが多く、これには認知行動療法を併用する必要があります。

シアリスは長時間持続可能とは言え、週末を1錠で楽しむには飲み始める時間がスタートの訳ですから、無駄な時間をはぶきたいです。

日本代表ユニフォームのカラーには相変わらず伝統的なサムライブルーを採用しています。背中には大きな5番を印刷されて、それは長友佑都のサッカーユフォームの背番号です。